「政府紙幣を発行して政府の借金を完済する」

誰の借金でもないお金が必要
5-2-3
図1

今の金融経済を俯瞰で見てみましょう。お金というのは信用創造の仕組みで説明した通り、誰かの借金として発行されます。つまり、常にほぼ同じ額の借金が表裏一体で存在するということです。これは政府の借金がお金を増やす仕組みで述べたように、政府の借金を返せば皆さんのお金がなくなる、ということからもわかります。相殺すればゼロということです。私たちの金融経済というのは、最も単純化して言うと、相殺すればゼロのお金と借金を、奪い合い、押しつけ合っているだけです。もちろん奪い合うのはお金で、押し付け合うのは借金です。借金を押しつけるというのは実感が湧かないかもしれませんが、この日本に生まれただけで政府の借金(=後払いの税金)が押しつけられるのです。そして、そこから脱却するために奪い合うのです。奪い合うという言葉にも抵抗があるかもしれませんが、全て相殺すればゼロ、つまりお金の部分だけ見ればゼロサムの世界ですから、みんながプラスということはありません。奪わなければ負けるのです。つまり、金融の世界というのは、みんなで仲良く分け合えない世界なのです。必ずマイナスの人がいるわけですから。しかも、金利という仕組みがプラスもマイナスも加速度的に大きくし、その差を広げます。

一方、お金で交換する実際の価値はどうでしょう?こちらは全て実在するプラスです。みんなで等分に分け合うことができます。ところが、それをお金の配分にしたがって分け合うとどうなるでしょう?等分に分け合うことなど不可能です。マイナスの人はどうすれば良いのでしょう?実際、いかに金融的にマイナスでも、人は食べないと生きられませんから、社会保障で分け合うことになります。プラスの人から税金を取って、それを再配分するわけです。しかし、それでも埋め切れない場合はどうするでしょう?政府が借金をします。お金(プラス)と借金(マイナス)を同時に増やして、プラスの部分を分け与えるのです。マイナスは誰に押し付けるのでしょう?未来です。今、現存する価値(食べ物など)を分け与えるのに、未来の子ども達がそのツケを負うのです。おかしいと思いませんか?これが今の、借金によってお金を作り出す金融経済の矛盾です。無限にプラスとマイナスがある金融の数学的世界と、有限なプラスしかない実世界は相容れないということです。私たちは今こそ、この根本的矛盾を解決しなければなりません。実在する価値を交換するための、誰の借金でもないプラスのお金を発行しなければならないのです。それがフェア党が考える未来へのフェアであり、我々が最も強く主張する根幹政策です。

政府紙幣を発行する
9-2
図2

誰の借金でもないプラスのお金は、政府紙幣として発行します。ただし、多くの人が心配するように、現在の日銀券と二種類の紙幣が世の中に出回るようなことはありません。発行の仕方は次のようなものです(図2)。仮に100兆円の政府紙幣を発行する場合は、1兆円紙幣を100枚刷ります。これを日銀に預けると、日銀はそれを金庫に入れ、日銀内の政府口座に100兆円と記帳します。それだけです(法律の改正は必要ですが)。後は通常通り、政府はそれを政府支出として使い、通常通り振り込むだけです。それを受け取る公務員や政府事業の請負業者は、普段と何ら変わることなく、日銀券でそれを引き出すことができます。敢えて1兆円紙幣を刷るというのは、それが日銀の金庫を出ることなく、その方が省スペースで偽造の心配もないからです。今も日銀が国債を買い、同じようにお金を発行していると言う人もいるかもしれませんが、それはあくまでも借金であり、これは誰の借金でもないということ。それから、今の日銀による国債買い入れは、既発債を買って、銀行にお金を貸すように促しているのに対し、これは直接政府にお金が入り、政府支出としてそれが世の中に回ります。実はノーベル賞経済学者のポール・クルーグマンも2015年9月11日のニューヨーク・タイムズへの寄稿で日本に対してそれを提言しており、彼は新発債の買い入れを念頭に置いているようですが、それだとあくまでも政府の借金であることは変わりないので、フェア党はそれを一歩進めて、政府紙幣でそれを行います。

政府の借金を20年で完済する
1-2
図3

政府紙幣を発行すれば、政府の借金は完済できます。やり方は次の通りです。現在の日本の国債の残高は約880兆円、これに対して皆さんの現金・預貯金(M2:ゆうちょ銀行除く)を合計すると約893兆円です。このままでは返せません。税金は皆さんの現金・預貯金から徴収され、880兆円の借金を返すためには880兆円以上(金利もあるので)必要となり、皆さんのお金が消えるからです。そうなった経緯はすでに「政府の借金がお金を増やす仕組み」で説明した通りです。図3にあるように、税収が50兆円、一般会計予算を100兆円とした場合、足りない50兆円を国債で作り出して使っているわけです。税収が50兆円ですから、その分皆さんのお金(M2)が一旦減り、政府支出の100兆円が公務員の給与や政府事業費として民間に戻って来ます。したがって、差し引き50兆円のお金(M2)が増えますが、同時に50兆円の国債残高が増えて行くわけです。こうして、政府の借金と皆さんのお金が同時に並行して増えてきた、というのが今までの経緯です。

9-3
図4

これに対し、政府紙幣を100兆円発行したらどうなるでしょう?発行の仕方は図2で説明した通りですが、図4をご覧ください。政府紙幣の発行により、政府預金口座に100兆円が記帳されます。税収が50兆円、政府予算が100兆円のままだとすると、財源は政府預金口座の100兆円と合わせて150兆円となり、50兆円余ります。これを国債の返済に充てると、皆さんのお金は943兆円に増え、国債の残高は830兆円に減ります。税収も政府支出額も変わらないので、皆さんの実感としては何も変わりませんが、結果は劇的に変わります。理論的に言えば、これを20年続ければ国債残高はゼロになります。もちろんその間にインフレ懸念が出たり、様々な状況の変化はあるでしょうから、それには臨機応変に対応する必要がありますが、大きな方向性として、そうやって借金で発行された表裏一体(+貸し/ー借り)の借金マネーを、プラスのみの政府紙幣に置き換えて行くのが唯一の解決方法です。でなければ借金マネーは、金利によってプラス/マイナスを両方膨らませ続ける以外ない、つまり、政府の借金とお金は永遠に膨れ続けるしかないからです。

366兆円のタダ働き分を返還する

日本が黒字を稼ぎ過ぎ、366兆円分もの外貨が国内に還流しないため、国内の労働者がほとんどその恩恵を受けられなかったことは「国家経営の根本的な過ち」で説明しました。そのためにデフレになっているのです。これを解決するには、タダ働き分を返すしかありません。政府紙幣を刷ってまずやるべきことは、政府の借金返済よりも先に、まずそれを配ることです。政府の借金を返し始め、それ自体は減ったとしても、お金の増え方は、政府予算と税収の差額という意味では従来と変わりません。(従来はそれを国債で賄い、それを政府紙幣に変えるだけでも重要な変化ですが)今は何よりデフレの解決が急務と考えれば、それを直接配るのが最も効果的です。よくバラマキを批判する人がいますが、単なる思考停止でしかありません。今の仕組みがいかに搾取的で、いかなる金融緩和も上流からしかお金が流れないことを理解すれば、下流に直接渡さなければいけないことは自明です。それに、これは単にバラまくという話ではなく、本来労働者が受け取るべき報酬を受け取れていないから、それを政府が責任を持って返還するという話なのです。さすがに366兆円全部となると一人300万近くになりますが、とりあえず一人100万円、政府紙幣130兆円分を刷って配れば、どれだけ助かる人がいるかわかりません。自分はそんなに要らないという人がいれば、寄付でも贈与でもすれば良いのです。それで間違いなくデフレは改善するでしょう。しかも、政府の借金が増えることもなく、誰の痛みも伴わずに。繰り返しになりますが、これは暴論でも何でもありません。仕組みを理解し、先入観に縛られなければ、当然の解決策なのです。

 

政府紙幣は裏付けのないお金か?

政府紙幣の話をすると、よく裏付けのないお金だからダメだと言う人がいます。むしろ逆です。今のお金の方が裏付けがないのです。何故なら、お金だけが勝手に増える仕組みを民間に委ね、コントロールできていないからです。そもそも、古典的な意味でのお金の裏付けというのは、1971年のニクソンショックの時になくなりました。それまでは金本位制を敷いていましたが、ニクソン大統領がドルと金の交換性を停止し、間接的に固定相場でつながっていた全ての通貨も、金の裏付けを失ったのです。しかし、それも当然の成り行きだったでしょう。経済の発展で膨大な量の価値が生み出されるようになると、膨大な量のお金が必要になります。その全てを金が裏付けることはできませんし、他の何物もできないのです。唯一それだけの量のお金に匹敵するのは、それと交換できる価値全てであり、その交換性が担保されることが、お金に裏付けのある状態を保つということです。ですから、お金の量と価値の量のバランスが大事なのです。誰かの借金としてお金を発行することが、お金の乱発を防ぎ、そのバランスを保つと考えられて来ましたが、リーマンショックや世界金融危機を見る限り、むしろ逆です。お金を借金で発行していることが、お金(=借金)を膨張させ、裏付けのないお金を乱発しているのです。結局どんどん貸し続けてお金を増やし続けないと、破綻するしかないところまで来ているからです。それは、その時に取ったアメリカ政府の対応でも明らかです。破綻しないように更に借金を増やし、金融機関を救済するしかなかったのです。そのようにしてマイナス(借金)を作ることによっていくらでもプラスを作れ、そのツケを先送りできる仕組みで、裏付けがあるなどと言うのは、子どもたちの未来を担保に取ったと言うようなものです。返せるはずのないものをどんどん未来に先送りしていて、何が裏付けだと言うのでしょう?あまりに無責任な考え方です。フェア党はそれに対する明確な対案を主張します。プラスのみのお金を政府紙幣で発行し、政府がその発行量をコントロールすること。その方が遥かにきちんとお金の裏付けを保つことができるのです。

政府紙幣発行後の金融政策

政府紙幣発行後の金融政策は従来とは劇的に変わります。従来は日銀が金融調節によって、民間銀行が融資を増減するように誘導し、世の中の借金の量(=お金の量)をコントロールしようとしていました。しかし、これには大きな問題が二つあります。一つは、民間銀行が目論見通りに動かなければ効かないこと。特にバブル崩壊以降の金融緩和は全く効かなかったことはすでにこちらのグラフで見た通りです。もう一つの問題は、融資の量を増減するということは、その度に弱者が犠牲になるということです。お金を減らす時には苦しい人から貸してもらえなくなったり破綻したりして借金が減り、増やす時には余裕のある人から貸してもらえるからです。何と冷酷な金融政策なのでしょう。政府発行紙幣はこれらの問題を根本的に解決します。

まず、図4をもう一度ご覧ください。税収と政府支出の差額が、そのままお金(M2)の増分になっているのがおわかりでしょうか?つまり、いくら皆さんから税金を集めて、いくら政府支出を使うか、その差額がお金の発行額ということです。今はデフレですから、政府支出を税収より多くし、世の中に回るお金を増やします。逆にインフレになれば、税金を上げて政府支出を減らし、機動的にお金を減らすこともできます。これにより、上記のような真綿で首を締めるような金融引き締めはなくなり、本来税金が持つ公平性、累進性を反映しつつお金を減らすことができるのです。今はまだ、全体のお金のうち、借金マネーが占める部分が大きく、そこにかかる金利も大きいので、お金を減らせるようになるまで時間がかかるかもしれませんが、いずれはこの方法により、それもできるようになるということです。その方が従来よりも遥かに機動的で副作用の少ない金融政策と言えるでしょう。

 

日本だからこそできる政府紙幣発行

政府紙幣の発行は、日本だからこそできると言えます。日本は世界一の対外純資産を持ち、経常収支が黒字の国です。つまり、国内にない必要ものを輸入するのに十分な外貨を持ち、それを稼ぎ続ける生産力があるということです。ですから、国内通貨をいかなる方法でいくら発行しようが、それが続く限りは他国にとやかく言われる筋合いはないということです。もちろん、それで通貨安を誘導し、更に輸出を増やすようなら国際社会から批判を受けるでしょう。しかし、それによって内需を拡大し、輸入を増やせば、むしろ海外からは歓迎されるはずです。そして、世界一の貯金があるということは、当分それを続ける力があるということですから、その間に国内にそのお金を回し、環境技術、再生可能エネルギー技術の開発、次世代仕様のインフラ整備など、地球の未来に貢献する産業を育てれば、それがまた黒字を生むようになるでしょう。そうなればもう、その黒字は最貧国のために使えば良いでしょう。日本がそれをやることによって、国家経営のあり方としての範を示し、なおかつ世界中の多くの人々の幸せに寄与することができます。ですから、これは日本がまず率先してやるべき政策なのです。
 

 戻る