フェア党公式ページ

Welcome to the Fairness Party

フェア党とは?

フェア党とは?

フェア党は政治団体です。まだ政党要件(国会議員5人以上、または直近の国政選挙で2%の得票)を満たしませんが、国政政党を目指し、日本から世界を変えるために活動します。敢えて国政、そして日本から世界を変えると言うことの意味は、私たちの思想と政策を実行すれば、それは世界を変えるほどのインパクトを持つからです。私たちの思想や政策は、既存のいかなる政治家や政党とも一線を画す、革新的で本質的なものです。それは、ここ数十年の経済、金融、財政、社会の仕組みを根本的に変えるものであり、従来の議論とはかけ離れて聞こえるでしょう。しかし、皆さんはもうよくわかっているはずです。今までのやり方は完全に行き詰まっていると。格差、貧困、環境破壊、戦争、これらは全て、膨張し続ける私利私欲の延長にあります。そしてそれを最大化するためのシステムが暴走しているのです。私たちは考え方から改めなければなりません。そして、新しい考え方に基づいた新しいシステムを作り直さなければ。そうしなければ、私たちは永遠に他人を踏みつけにし、収奪を繰り返す世の中しか作れないのです。フェア党は、広くフェアの精神に基づき、日本のみならず、世界を作り直す方法を提唱します。それは具体的で、即効性のある方法です。そして、日本だからこそ世界に率先してできる方策なのです。日本がそれをやることによって、世界が変わります。これは日本人の使命です。多くの皆さんがそれに賛同し、声を上げ、行動して下されば、政党要件はおろか、政権奪取も時間の問題です。それが民主主義の底力なのです。

まずはフェア党の理念を是非お読みください。たった7項目の理念ですが、そこには私たちの目指す社会が描かれています。そして、今の社会に対する問題意識が反映されています。これは言わば私たちの行動規範(クレド)です。いつでも立ち返って考え直すことのできる羅針盤です。それさえあれば、政策は時と場合によって変わったとしても、道に迷うことはありません。理念とはそのためのものです。その行き先に魅力を感じたら、是非この船に乗り込んで下さい。一緒に日本から世界を変えましょう。

フェア党の理念

フェア党理念(2015年5月19日)

一、フェアである社会

我々が暮らす社会は、人種や国境、さらには生物種、時間の枠を越え、全ての命に対してフェアでなければならない。我々は将来生まれ来るいかなる命に対してもフェアである責任を負う。我々の社会の仕組みを決める際、我々は常に広くこのフェアの概念を適用し、それに従って判断、議論しなければならない。判断に迷ったらいつでもこの理念に立ち戻り、その状況における「フェアとは?」という問いから始めるべきである。

一、個人が自由で自立した社会

我々は常に個人として自由に考え、判断し、行動しなければならない。それは自由であると同時に責任である。何故なら、時として体制が生みだす不正義、アンフェア、誤った方向性に異を唱え、新しい方向性を与えうるのは、個人の自由な心に基づく判断、行動であり、それは社会の最も重要な自浄機能であるからである。物言わぬ個人はファシズムを育て、自由民主主義を殺す。よって我々は不断の努力によってその責任を全うしなければならない。個人の自由は公共の秩序や公益に優先し、他者の権利(公共の福祉)を侵害する場合にのみ制限されるものとする。

一、持続可能な社会

将来にわたって生まれ来る全ての命に対してフェアであるためには、持続可能な社会でなければならない。持続不可能な社会は未来の命に対する重大なアンフェアである。また、人類の発展だけを考えた社会はその他の生物に対するアンフェアであり、人類にその権利はない。持続可能性は経済合理性よりこれを優先する

一、何故を問う社会

時代と共に変化し続ける社会において、あらゆる制度の合理性は常に問われなければならない。何故そうあるべきなのか?という問いを常にぶつけ、フェアの概念に照らしてその合理性、正当性を問い直すことが、多くの人にとって納得できる社会制度を作る術である。過去にそうだったからという理由だけで現状を追認する思考停止に陥ってはならない。

 一、他を尊重する社会

我々は他を尊重しなければならない。他とは自己以外の全てを指し、人、生物に限らずあらゆるものを指す。他は自己と違い、自己でないからこそ存在意義があるのであって、多様性が我々の社会を豊かにする。我々は、過去あらゆる文明において、異質な他を排除する行為が生んだ悲惨な歴史に目を向けるべきである。違いを認め合い、自己以外を尊重する気持ちがフェアな社会の下地を作る。

一、多様な価値を生かす社会

現状の我々の価値基準は極めて一元的になっており、貨幣に換算できる経済的価値が他の価値を凌駕している。したがって、その獲得が社会の支配的な行動様式となり、その有無が実質的階層を生み出し、アンフェアな状況を作り出している。我々は本来、経済的価値の創出、消費のために生まれたわけではなく、他にも多様で大事な価値があることを知っている。仮にそれらが貨幣価値に換算できず、経済的合理性を持たないとしても、それは現在の政治経済体制、金融制度の問題であり、我々は制度の改善に努めつつ、それらの価値を真理の目を持って見通し、守り、将来に残す責務を負う。

一、関わり合う社会

他との違いを認め、フェアに共存し、自己以外の世界と関わりあうことにより、自己だけでは生み出せない何かが生まれ、それが社会を未来に進める。生み出されるもの全てが善とは限らないが、関わりを通じて生じる問題は、関わりを通して解決できる。社会とは、なるべく多くの関わり合いを演出する舞台であり、それを阻害する要因は最大限排除されなければならない。それは集合、移動、コミュニケーション等、関わり合いに要する手段にかかる経済的、時間的、肉体的、精神的負担その他、人の活動を抑制する全ての障害を指す。

以上

フェア党が何をやろうとしているかが簡単にわかる動画

我々フェア党の問題意識がどこにあり、何を根本的に変えようとしているのか、その核心が簡単にわかる動画シリーズがありますのでご紹介します。第42回から56回までの15本にフェア党代表大西が出演して説明しています。見やすい対談形式になっています。より詳しい内容をすぐに知りたい方は本サイトの文字情報もお読みください。

私たちが知るべき、最も重要な真実

「全ての問題の根源は、お金の発行の仕組みにある。」

 

 

もっと詳しく

私たちが絶対に信じてはいけない、大きな

「政府の借金を返すために、税金を上げなければならない。」

「政府の借金を税金で返してはならない。」

 

もっと詳しく

私たちは過去30年間、

「国家経営の方向性を根本的に間違えた。

 

もっと詳しく

本質を外れ、

「人を幸せにしないアベノミクス」

 

もっと詳しく

フェア党の根幹政策

政府紙幣を発行して
政府の借金を完済する

 

もっと詳しく

税制に哲学を取り戻し、
社会の骨格を作る

 

もっと詳しく

本当に大事なことのために
人の時間と労力、資源を使う

 

もっと詳しく

不労所得を一掃し、
若者にチャンスを取り戻す

 

もっと詳しく

フェアノミクスでできること

安易なネーミングは本意ではありませんが、フェア党の経済政策に名前をつけるならフェアノミクスです。今やエゴ(私欲)ノミクスに成り下がった今の経済に対するアンチテーゼとして、フェアな経済という意味です。その理論的根拠は「フェア党の根幹政策」を是非お読みください。それは今までの財政金融の仕組みを根底から覆すものであり、その理解なしには以下の政策の数々の実現は信じがたいでしょう。ですから、もしそちらをお読みでない方で、以下の政策を見て実現不可能と思った方は、まずそちらからお読みください。それをご理解いただければ、以下の政策どころか、もっと多くの政策が実現可能であることがわかるでしょう。

印紙税廃止

消費税ゼロ

高速道路の
完全無料化

大学までの
教育費無料化

一人100万円程度の
経常黒字分配金支給

5万円程度の
育児手当の支給

介護、保育事業
への助成、投資

農畜産業振興による
食料自給率の向上

再生可能エネルギー
事業への助成、投資

循環型社会への
インフラ、法整備

人の時間と労力
再優先のインフラ整備

被災地二重ローン
問題の解決と早期復興

世界は大きく変わり始めている

 

今、世界は大きく変わり始めています。アメリカの大統領選予備選、民主党のバーニー・サンダース氏の台頭はそれを象徴するものです。彼は今までの金融資本主義の歪みを是正しようとしています。わずか1%以下のウォール街の人々が利益を独占し、そのお金で行われるロビー活動が政策を歪め、99%の人から搾取している現状に戦いを挑み、今や多くの人の支持を集めるまでになっています。彼は自らを社会民主主義者と名乗り、30年間ずっと同じことを言い続けていたのですが、去年までは全く無名の存在でした。しかし、わずか一年足らずの間に、今や全米に大旋風を巻き起こすまでになったのは、彼が変わったと言うよりも、人々の方が変わり始め、彼のメッセージが届くようになったからでしょう。...(続く)


 

 

もっと読む

フェア党の戦略戦術

フェア党は政治団体です。まだ政党要件(国会議員5人以上、または直近の国政選挙の得票率2%)を満たしません。したがって、政策実行力はゼロです。しかし、何事もゼロから始まります。ゼロからイチを作ること、それが変革の本質です。数集めでは変革は起きません。そこに変革の種がなければ、いくら数を集めてもゼロ集めに過ぎないからです。ですからまずフェア党は、そのイチを作ります。そうすれば数は後からついてきます。具体的には、強い現職の候補者がいる衆議院小選挙区で、徹底的に考えを訴え、その考えに賛同を集めるという「最も当たり前の方法で」、その候補者を破って勝つこと。そうすればそれが話題を集め、フェア党の考えにも注目が集まります。何故なら、その小選挙区を勝ち抜くだけの支持が得られるということは、全国でも支持されるに違いないからです。そうすれば、政党要件はおろか、国を動かすほどの大きな数を作ることも可能です。そして恐らく、そういう地道で面倒なプロセスを経ないと、本当に強い数を作ることはできないのです。。...(続く)

 

もっと読む

限りある生をいかに生きて、死ぬか

安全保障憲法

 

もっと詳しく


YT_gaito
各種動画へのリンク

 

フェア党チラシ
ohnishi
代表のご紹介

お問い合わせ

事務所のご案内

〒227-0025 横浜市青葉区あざみ野南2-4-7 セントラルビル徳江302
大西つねき選挙事務所 TEL 080-5938-0024 FAX 045-914-5404